« 司馬遼太郎さんのこと | Main | なくなっちゃいました »

February 13, 2006

ついに始動だ!

日経をおとりになっている方は、きのう(日曜)の記事をご覧ください。
「ソランとデジハリ 中国でアニメ人材を育成」

ネットはこちら
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20060211e001y45611.html

半年ぐらい前からずっと関わって準備してきたプロジェクトが
いよいよあさって中国側と調印のはこびになり、
このたびプレスリリースされました。

でもなあ・・・
15日が調印式だから15日の朝刊に載せる、という条件で
リークしたはずなのに、いつの間にか載っちゃってたそうです。
しかもネットのほうの記事は事実誤認の内容載せてるし。
「教育ノウハウを大学の講座におろす」んじゃなくって
南開大学と我々が協力して新しい学院を作るんだってば!
しかも「アニメ作成の受託に乗り出す」なんて言ってないと思うけど。
ちゃんとリリース用原稿読み込んでないじゃん。
けっこういいかげんだなあ・・・

まあ、それはともかく
調印式が済んだらいよいよ合弁会社作りと学院作りが
本格的に動き出します。
新しいことをはじめるってわくわくする気分。

というわけで、明日から天津行ってきます。

|

« 司馬遼太郎さんのこと | Main | なくなっちゃいました »

Comments

相変わらずなんかすごいことしてるね。

記事中のURL、最後の.htmlのlが抜けてるよ。

Posted by: さつき | February 13, 2006 at 10:19 PM

 オー!!なんかすごーい。
 思いもしないところに、需要があるもんなんですね。近いうちに、中国製のすぐれたアニメが見られるかも知れません。
 京劇の伝統がありますから、どんなアニメを生み出すのか楽しみです。

Posted by: じゅん | February 14, 2006 at 12:53 AM

さつきさま

>最後の.htmlのlが抜けてるよ。

ありゃ、ほんとだ。なおしときます。

じゅんさま

中国産のアニメって、今のものより30,40年前ぐらいのもののほうが格段に技術も上だし、面白いんですよ。
きっと文革がだめにしちゃったんでしょうねえ。

今も中国国内にアニメ専門の学部や学校はありますが、教育の質がイマイチらしいので、我々は中国一の教育ノウハウを提供してこの分野のトップになろう!とねらっています。
天津での調印式も無事すみました。あとは動くのみ。

Posted by: hui | February 17, 2006 at 01:33 PM

天津ラウンド調印、おめでとうございます!!
アニメの作業は、アジア各国でも競争激しいですよね。
日本のアニメのエンドロールをみててもかなり国外が増えてますし。
うまく軌道にのってくれることを祈ってます。

Posted by: ももやん@うち | March 05, 2006 at 10:10 PM

ありがと!
かの「日本エンタープライズ」の南のほうの大学と提携したとか。
競争も激しくなりそうだけど、でも負けないもんね!

Posted by: hui | March 13, 2006 at 06:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71178/8645077

Listed below are links to weblogs that reference ついに始動だ!:

« 司馬遼太郎さんのこと | Main | なくなっちゃいました »