May 26, 2006

ブログ引っ越します

ブロードバンドの入っている部屋に引っ越してきて
快適にネットにつなげられるようになったのですが、
なぜか、ニフティだけがすごく遅いのです。

下の記事の投稿だって、
ログイン画面にたどり着くまで2分
ログインするのに1分、
新規投稿画面まで2分、
書いといた記事を貼り付けて、更新ボタン押して2分、
と思ったらエラーが出て、やりなおし・・・

こんなかんじで、なんだかんだで20分近くかかっているのですよ!
写真を貼り付けると1時間弱かかることも。
毎回こんな時間のムダやってられません。

というわけで、新たに別の所にブログ開設しました。
こちらです。
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/huisan/

今後の記事はこちらに書き込みます。

しかしなあニフティ・・・。最近メールの調子も悪いし、
改善がみられなかったらメールもほかに移管しちゃうよっ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

May 25, 2006

目撃!

きのう街を歩いていると、行く手に茶色いモノが。
「おっ、あそこの植え込みの所に犬がおるわい。
珍しく大きな犬だな~」

だんだん近づいていくと・・・
ん? ん? あれは・・・犬じゃなくて・・・

犬じゃなくて・・・

犬の・・・「皮」!?

距離が縮まるにつれ・・・
まちがいない、これは、オオカミとかじゃなくて・・・

この毛並みは、この色は、たぶん・・・
シェパード。
まるまる、一匹まんま。

ひゃあ~!!
なんで植え込みの上に犬の皮が干してあんの~!?

コワくて、写真撮れませんでした。

皮が干してある植え込みの向こう、芝生の上には
いかにも地方から出てきました~というかんじの一団が
ごろごろと座ったりねそべったり。
街路樹を利用して屋根のように張った布を見ると
もしかして旅館にも泊まれず、ここに住んでるのかも。
そしてそのそばには、つながれて食事中の一匹の子犬・・・。

イギリスの動物愛護協会会員あがりが見たら、
額に青筋立ててヒステリックに叫び出しそうですな。

まだまだ、日本では考えられない光景が目撃できる、
ここ首都北京です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 18, 2006

引っ越し完了

先週末、住んでいるところに事務所も引っ越してきました。
これで引っ越し完了。
やれやれ、懸案がようやく片づきました。

リビング(今は事務所スペースですが)の東と南に大きな窓があることは以前にも書きましたが、
そこから東~南の方向を眺めると、こんなふう。

Nancopy_1

こちら側は、新しいマンションやオフィスビルが続々と建っているエリアです。

んで、目を転じて東~北のほうを見ると・・・

Dongbeicopy_1

こちらは目の前が大学の敷地なので、しばらく高層ビルが建つことはないでしょう。
少なくとも私が住んでいる間ぐらいは、この眺めが楽しめそうです。

私はしっかり、こちらを向いた机をゲット。
疲れるとぼ~っと景色を眺めています。
時々、目の前をハトが横ぎってびっくりさせられます。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 03, 2006

一足先に連休

4月27日からきのうまで、いつも御世話になっている会社の
方に誘われ、社員旅行にまぜてもらって行ってきました。
ところは杭州・黄山。
杭州は私のお気に入りの場所で、実はもう3回目です。
もう10年ほど前、仕事と遊びで1回ずつ行きましたが
今回もやっぱりいいところでした。

もしこれがほんとに社員旅行だけだったら
遠慮もあっていかなかったと思うのですが、
実はもうひとつ、仕事がらみで目的があったのです。
それは「第2回 中国国際アニメマンガフェスティバル」。
今準備を進めている事業がアニメと関係が深いので
見に行きたいなあと思っていたら、たまたまこの旅行と
会期が重なっていたので、これは渡りに船ということで。

詳しくはHPのほうで2,3日のうちにご報告します。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 26, 2006

引っ越しのリスク

きのうは、以前の部屋のカギを返し、保証金
(日本の敷金に当たる)を返してもらうというのを
やったのですが、これがまた疲れる作業で・・・。

まず、部屋に備え付けの物品がちゃんと残っているか、
次に次にガス、水道、電話などの支払い票をチェック。
以下「営」は不動産屋の営業のにーちゃん

営 (25日に支払ったばかりの電話代の領収書を見て)
   これではだめです。
私  なんでですか?
営  4月25日に支払うのは3月分なんです。
   4月分も支払ってもらわないと。
私  そんなの聞いたことありません!
営  いや、これは3月分なんです(しつこく言い張る)
 
私 だって、私引っ越してきた時にガス代とか電気代とか、
   前の人が払ってなかったの全部払ったんですよ!?
   ガス代なんて、200元も払ったんですよ!?
   前の人はそれでよくて、なんで私は払わなきゃなんないの?
   不公平じゃあないですか!!

営 じゃあ、まあ、事務所に行って話しましょう。
  ところで、ここのカギ返して下さい。
私 ダメです!保証金返してもらったら返します。

不動産屋事務所にて 以下「事」は事務のにーちゃん

事 (略)・・・ですからこれは、先月分なんです。
   今月分払ってください。

私  じゃあ聞きますけど、私が去年5月7日に入居して、
   5月25日に払ったのは何だったんですか?
   あなたたちの言うとおりなら、それは前の人の分でしょ?
   何でこれを私が払わなきゃいけないんですか?
   理屈に合わないでしょう。

事  昨年の8月に制度が変わったんです。それまでは25日
   から25日までだったんですが、昨年の8月から前の月の
   分を払うようになったんです。
私  ・・・・(絶対おかしい!)

私  じゃあ、もしさっきの部屋に明日にでも人が入ったら、
   その人が4月末までに使った分も私に払えって
   いうんですか?そんなバカな!

事  5月25日に払った金額をご覧になって、もし
   自分が使ったのよりあきらかに多かったら
   言ってください。こちらで調査します。
   以前の人の分をお支払い頂いたガス代の分も、
   支払い票があれば精算します。

私 (そんなのやる気ないくせに!)
   わかりました。探してみます。保証金返して下さい。
事 それはダメです。今一部分をお返しして、
   精算が終わったら全部お返しします。

私 (そらきた!)じゃあいいです。今日はもうやめましょう。
   家に帰って支払い票を探してきます。
   200元の支払い票見つけたら、それも私に返して
   くれるんですよね?
   また明日来ますから。
  (鞄を持って立ち上がりかける)

 (それまで黙ってた「営」のにーちゃんおもむろに)
営 まあ待って下さい。ちょっと相談してきますから。

 (二人別室へ去り、しばらくして「営」だけが戻ってきて)
営 お互いめんどうを省こうじゃありませんか。
   こういうのでどうです?
   あなたが先月払った電話代は120元ですから、
   100元を今月分としてお支払い頂くというのは?
私 じゃあ100元払えば、保証金返してくれるんですか?
営 そういうことです。

おそらく、私がほんとに200元の支払い票を持ってきて
しまったら面倒だと思ったのでしょう。
私としても時間を取られるのは本意ではないので
これで手を打ちました。
なにせずいぶん簡略化して書いてますが、実際には
ここまでこれの10倍ぐらいのやりとりがあったのです。

しかし実際には、これに加え電気、ガス、水道の最終
精算分(まあこれは仕方ないとして)や、部屋の掃除代
(こんなの契約にないのに)などで
結局220元ばかり差し引かれました。
なんだかうまくまるめこまれて、多めにとられた気が
しないでもありませんが・・・。

でもいいんだもんね。
向こうは台所の蛍光灯が切れっぱなしのことも
(天井高くて自分で交換できなかった)、
テレビの調子が悪くて30あるチャンネルのうち
まともに映るのは10だけだってことも、
最近冷蔵庫の温度調整ができなくなって、中に入れた
モノはほとんど凍ってしまうことも知らないんですから。

きっと次の借り手に文句を言われて対応せざるを
得ないことになるでしょう。
ふん、ざまーみろ。

北京での引っ越しで一番めんどうでいやなのが
この強欲不動産屋とのやりとりなのです。
あ~、ホント疲れた。
今度の不動産屋はずいぶんまともそうなので
もうこんなめんどうがないように祈ってるんですが。


| | Comments (7) | TrackBack (1)

April 25, 2006

引っ越しました

今回は珍しく、引越しトラックが来る30分前に片付きそうだぞ!
と思っていたら、ノックの音が・・・
なんで約束の時間の45分も前に来るんだよう!
というわけで、今回もばったばたの引越しでした。

北京に来て5か所目の住処は、マンションの21階です。
ながめは非常によいです。

居間の東と南に大きな窓。
ここは来月、会社の事務所が引っ越してきます。
建物の構造上、直接日が当たるのはお昼ぐらいまでなのですが
部屋のつくりが気に入ったのと、東向きの寝室で日を浴びたら
少しは朝型になれるかな?と思い、ここに決めてしまいました。

この部屋のすばらしいところ

1.ずっとあこがれていた浴槽つきのお風呂!
2.月々150元でネットつなぎ放題
3.NHKワールドが見られる

残念なところ

1.バス停からちょっと遠くなった。

2.今までの部屋は、朝運動するお年寄りたちや
  遊ぶ子供たちの声が聞こえたのだけど、ここでは
  それはムリ。ちょっとさびしい。

3.これまでベッドからビールの入ってる冷蔵庫まで7歩で
  いけたけど、今度は20歩ぐらい歩かなければならない。

引越し前後もけっこう忙しかったので、今はちとお疲れモード。
詳細はまたおってご報告します。

| | Comments (1007) | TrackBack (1)

April 09, 2006

日本に行ってました

この1週間、日本に行ってました。
ところは九十九里浜に面した小さい町にあるホテル。

いつもお世話になっている某企業様から10人が1年間、東京の本社に派遣されるのですが、彼らの研修サポートという立場でした。
最初の1週間は日本人の新人と同じ内容の研修を受けるので、さすがにきつかろうということで。

連日午前様で、最終日などは3時半まで翌日の発表の準備。
日本人でも徹夜でやらなければならないという内容を、しかも外国語である日本語でまとめるというのは大変なことだと思うのですが、みんなほんとによくがんばりました。

この3ヶ月、彼らには週2回の割合で日本語特訓をやってきたのですが、それもこれでおしまい。
来週からはそれぞれの部署に配属され、自分の力で日本語と日本での仕事のやり方を学ばなければなりません。
いろいろ苦労もあるでしょうが、彼らならきっと大丈夫。

また、今回接した大卒の新人達が意外にしっかりしていて
「なんだ、いろいろ言われているけど、日本の若者けっこうやるじゃん」
と思えたのも収穫でした。
やはり人から聞く話だけで判断するのではダメで、自分で確認することが大事ですな。

打ち上げパーティの最後、10人が目の前に並んで「ありがとうございました!」
・・・泣いてしまいました。
「人前で泣くのは死ぬほど恥」というのがポリシーなのに、不覚・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 16, 2006

珍客

今日の午後、某事業の資料を作っていたら背後でノックの音。
振り返ると背の高い若者が顔をのぞかせていました。

若者(中国語)「日本人ですか?」

私 「はい、そうですけど」

若者「あの、○○さんですか?」

私 「はあ・・・そうですが」

若者「あ、あの新聞で○○さんのことを知りまして、ちょっと
   聞きたいことがありまして来たんですが」

私 「は!?・・・ま、まあお座り下さい」

どうやら、ずいぶん前に私を紹介して頂いた新聞記事を
見てきたらしいのです。

若者 「それで僕北海道○○市の大学に行っていまして、
    3ヶ月の短期留学でこっちに来たんですけど、もう
    3年なんですが就職活動もまだで、中国に関係する
    仕事を北海道で探すにはどうしたらいいか、
    お聞きしたいと思ったんですけど」

私 「・・・え~と、北京での就職のことでしたらある
   程度情報があるんですけれども、私も北海道には
   年2回しか帰っていませんので・・・」
  (それより、私まだアナタの名前知らないんですけど)

若者 「はあ~、そうですか。北海道での就職のことは
    あまり・・・」

私 「まあ、北海道だと観光や貿易という分野になると
   思いますが、国際関係だと札幌市に○○とか○○
   とかいう所がありますから、先ずそういった所で
   情報収集するという手はあるでしょうね」
   (ところでさ、アナタお名前なんちゅ~の?)

   ややしばらく話した後で・・・

若者 「ところで○○さん、あ、実は僕も○○っていうんですけど。
    あはは」

私 「あ、そうなんですか・・・」
   
ここでやっと彼が○○という名字であることが判明。

わけがわからないながらも、現地採用事情やら役に
立ちそうな情報についていくつか教えてあげました。

彼のほうは自分の父親が何をしていて、お兄さんが
やっぱり中国のことを勉強していて、などということを
話しつつ、次に取り出したのは1ヶ月以上に渡って
中国のあちこちに行ったという記録。

切符やら入場券やら写真やらをクリアファイルに
まとめたもので、私も学生時代こんなの作ったっけなあ、
と思いつつ眺めていましたが、
なぜ私にこれを見せているのか、意図は依然不明。
なのでどう受け答えしたらいいのかも見当がつきません。

唯一の収穫は、そのファイルに入っていた「チベット
入境手続き費領収書」なるものを見て、ようやく彼の
フルネームがわかったこと。

15分ほども話していたでしょうか、別れ際にようやく
私も名刺を渡すタイミングを掴み、
「何かあったらメール下さい」といって見送りました。

終わってみたら「今の何だったんだろ」というかんじ。
なんだか変わった若者だったなあ。
悪気は全然ないみたいなんだけど。

第一、今日はそれほど急ぎの仕事がなかったから
よかったようなものの、一言電話でこちらの都合を
聞いてから来るっていうことを思いつかなかったのかな。

まあ、就職活動がんばってね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 28, 2006

変身!

along1
「中国初の変身ヒーロー」だそうです。
名付けて「変身戦士 阿龍(アーロン)」。
春節から放送が始まりました。

日本のヒーローは25歳くらいのお兄ちゃんと相場が決まっていますが、
アーロンに変身するのは15歳くらいの少年です。
「○○(よくわかんない)よ、我に力を!変身!!」
もちろん、拳法の技で相手を倒します。

空飛ぶバイクに乗ってるところとか、
ショッカーみたいな敵の下っ端が出てくるところなどが
往年の仮面ライダーを思い出させます。

along2

アーロンはよいのだけれど、敵の怪物が何ともダサい。
私が見てたころの仮面ライダーもこんなだったのかなあ・・・。

| | Comments (55) | TrackBack (3)

February 21, 2006

なくなっちゃいました

これまでも何度かご紹介した、事務所のそばの
唯一残っていた古い小路。
1月末からぼちぼち取り壊しが始まっていたのですが
ついにこの何日かで道沿いの建物が全て姿を消してしまいました。

以下、ほぼ同じ地点からとった写真。

050227
これはまだ移転の話も出ていなかった去年の今頃。
小さな店がずらりとならんでにぎわっていました。

060131
これが先月末。いよいよ重機を持ち込んでの
取り壊しが始まった頃。

060221
そして今朝。すべてがレンガの山になっていました。
なんだかやけに見晴らしが良くなりました。

今までは夜遅くなってからここを通っても、いつも人がいっぱい
いてにぎやかで、危険を感じたことなどなかったのだけど、
今は通るのが怖いんですよね~。
こうなった以上、もう早く新しい道ができてくれないかな・・・。


| | Comments (4) | TrackBack (1)

«ついに始動だ!